クレジットカード現金化すると利用停止になるって本当?

本気でクレジットカード現金化は、今話題のクレジットカード現金化のチョイスの仕方の注視すべき点やカギを他のところよりとことん解説やっているウェブページです。クレジットカード現金化が生まれて初めての皆様であっても気がかりなく買い入れるのができるようなるのです。 - クレジットカード現金化すると利用停止になるって本当?

本気でクレジットカード現金化

クレジットカード現金化すると利用停止になるって本当?

クレジットカードは、多額の品物を買う際に使うと便利なカードです。しかし、使い方を少し変えることで現金に換えることもできます。現金に換えることを、クレジットカードの現金化といいますが、この行為は”禁止”されている行為です。では、クレジットカードの現金化をしたらどうなるのか見て行きましょう。

クレジットカードの現金化とは

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードに付帯するショッピング枠で業者が指定した品物を買い、キャッシュバックを受ける事によってお金を得る方法のことです。

クレジットカードは、後日後払いという仕組みですが、業者から受け取ったキャッシュバックの中から、品物代を差し引いてとっておけば、クレジットカードの代金が支払えなくなってしまうなどの状況を回避することができます。

クレジットカードの現金化は、急にお金が必要になった場合などに便利な方法として知られていますが、クレジットカードの利用規約で”禁止”されている事が多いのも事実です。

現金化すると利用停止処分?

結論から言いますと、「利用停止処分になりやすい」です。確実に利用停止になるわけではありません。というのも、クレジットカード会社が「現金化している」と確証を持たない限り、利用停止にはできないからです。

クレジットカード会社に怪しまれてしまう例としては、普段、光熱費などしか決済していない人が急に換金性の高いものを購入している場合です。急に欲しくなって、そのカードで決済している場合などもあるのですが、「怪しい」と睨まれた場合、クレジットカード会社から連絡が来ることがあります。その時に、きちんと説明できれば利用停止処分にはなりませんが、しどろもどろになったり、答えられなかったりした場合は、不正が疑われ利用停止になる場合があります。

換金性の高い物の例としては、ブランド物のバッグや新幹線の回数券などです。特に、商品券などは転売すればお金にしやすいです。疑われやすいので注意すると良いでしょう。

クレジットカードの現金化はなるべくしないようにしましょう!

クレジットカードの現金化は、ハイリスクな方法です。急にお金が必要になった場合でも、あくまでも”最終手段”として考えると良いでしょう。なるべく現金化せずに、お金を工面する方法を探すようにしてください。

クレジットカード現金化が今後を左右するTOPへ