本気でクレジットカード現金化

本気でクレジットカード現金化は、今話題のクレジットカード現金化のチョイスの仕方の注視すべき点やカギを他のところよりとことん解説やっているウェブページです。クレジットカード現金化が生まれて初めての皆様であっても気がかりなく買い入れるのができるようなるのです。 - 何故、クレジットカードの現金化で本人確認が必要なの?

クレジットカード現金化が今後を左右する【クレジットカード現金化の悪徳業者の実態と歴史について】

何故、クレジットカードの現金化で本人確認が必要なの?

今、カードローン以外の現金借り入れの方法としてクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化が有名になっています。なぜ、この方法が有名になったかというと、クレジットカードのショッピング枠の場合、貸金業法が適用されず総量規制も適用されないため、年収の1/3を超える借り入れが可能ということです。

クレジットカードの現金化で必要な本人確認証とは?

先ず、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法としては、商品買取型とりわけ金券が非常に安定かつ換金率の高いものとなっています。では、この買取型のクレジット現金化において必要な本人確認証は何かというと、住所や生年月日そして写真が表示されたものとなります。身分証明証として一般的には、免許証が有名でありクレジット現金化業者も利用します。何故、免許証が有効かというと本人確認が行い易いことや交付番号が記載されている事です。また、保険証といったものと異なり顔写真付きとなり、本人特定時の重要なものとなります。では、保険証を提示した場合、その他に必要な書類としては公共料金の請求書を添付することが必要となります。

何故、利用時に本人確認が必要なのか?

では、何故現金化業者が身分証明証の提出を求めるのか気になると思います。クレジットカードの現金化という行為については、法律的にはグレーゾーンであり、個人情報の不正使用の危険性を気にします。
しかし、買取型の現金化方法については金券であれ買取を行う際、古物商法が適用されます。つまり、リサイクルショップで家電製品や金券の買取依頼する際と同じこととなります。この理由については、不正取得すなわち盗品や詐欺によって所得された商品が市場に流通しないことを防ぐことが目的です。
つまり、万が一、事件性が確認された場合は身分証明証により、犯人の特定に使用されることとなります。

まとめ

実は、クレジットカードの現金化については、見なし貸金業と認識されていることや詐欺行為により商品をクレジットカード会社から騙し取ったとされる可能性があります。つまり、クレジットカード現金化業者が摘発された場合は、利用者も罰則を受ける可能性があります。それは、買取時に提出した身分証明証が影響することとなります。

クレジットカード現金化業者が安全か見極める方法はあるの?

今の御時世、経済情勢が不安定であり、家計を下支えするものとして現金の借り入れがあります。銀行や消費者金融のカードローンからクレジットカードのショッピング枠を現金化するといった方法まで様々です。しかし、クレジットカードの現金化業者については注意するべき点が多数あります。

クレジットカード現金化業者の実態を先ず確認!

やはり、現金を借り入れする際、実質金利が低いサービスほど利用したいと考えるのは当たり前です。例え、10万円でも実質金利が2%も違えば、2,000円の差額が生じる訳であり、非常に重要な事です。2,000円もあれば一般企業の社食なら10日間の昼食が出来ること、食堂のランチを500円と見積もっても4日に相当します。
しかし、クレジットカード現金化業者を見極める際、注意するポイントとしては会社概要に住所や代表者名、電話番号がしっかりと記載されている事です。また、商品買取型のサービスとなるため、古物営業法許可番号もあることが望ましいです。先ずは、これらの情報が記載されていない場合は、悪質な業者の可能性が高まります。

住所やフリーダイヤルは当てにするな!

実は、今ではレンタルオフィスと言うサービスが存在します。一つのビルに複数の会社が同居し、会議室を利用したりインターネット回線を共用することが出来ます。そのメリットは、賃借であると同時に個室での割当がされます。つまり、事業内容の秘匿性が高く、いつでも移転できる状態になっています。もし、クレジットカード現金化業者がレンタルオフィスを利用している場合は、悪質性があることや摘発逃れのため、拠点を転々としている可能性が非常に高いです。また、フリーダイヤルや固定電話は安心と考えがちですが、振り込め詐欺などにもこれらの電話が利用されているため、安心する材料にはなりません。つまり、現金化業者の実態を把握出来なければ、利用しないのが鉄則です。

まとめ

日本人は、住所や電話番号、代表者氏名を宛にすることがありますが、今では住所は簡単に移転でき、電話番号も簡単に取得できます。つまり、これらの情報で安心出来ることとはなりません。そこで活用出来るのが、インターネット検索でありこの場合現金化業者の足取りを確認する事ができ、実態把握も行うことが出来ます。意外に盲点ですが、検索を掛けることで様々な情報を得られるため、危険性を確認することが出来ます。
クレジットカード現金化の2016年版ランキングをチェキ!